FP(ファシナンシャルプランナー)は国家資格!AFP・CFPは民間資格!

FP(ファイナンシャルプランナー)は国家資格!AFP・CFPは民間資格!

FPの資格の種類について把握しておきましょう!

みなさんは、FPの資格の種類がいくつかあるのを知っているでしょうか。ほとんどの人が受けようとしているFP試験で取得できる資格は「FP技能士」と呼ばれる国家資格です。

しかし、FPの資格はその他にもあります。このページではその違いについてご説明していきます。

目次
FP資格の種類は3つある!
FP技能士は国家資格!公的に認められた資格です
AFP・CFPは民間資格!持っていればFP資格に+αのメリットがあります

FP資格の種類は3つある!

FP資格は3種類あります

FP資格の種類は下記の3種類があります。

  1. FP技能士(1〜3級)
  2. AFP
  3. CFP

この3つのうち、国家資格と民間資格で分けると次のようになります。

FP資格 国家資格と民間資格の違い
国家資格FP技能士
民間資格AFP
CFP

上記のとおり、国家資格と認められているのはFP技能士のみで、その他の2つは民間資格です。この3種類の違いについて説明していきます。

FP技能士は国家資格!公的に認められた資格です

FP技能士は国家資格です

FP技能士(ファイナンシャル・プランニング技能士)は、日本の国家資格です。日本FP協会きんざいという2つの指定機関が試験を運営しています。

FP技能士は難易度別に1〜3級までに分かれていて、1級試験がいちばんむずかしく、3級に近づくにつれてやさしくなっていきます。

受験資格は3級はだれでも受験できますが、2級を受験するには下記の条件を1つ以上満たさなければいけません。

  1. AFP認定研修の修了
  2. 3級FP技能検定の合格
  3. 2年以上のFP業務実務経験
  4. 厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格

FP技能士の特徴は、資格の有効期限がないということです。つまり、1度取得すれば一生涯有効となります。

国家資格ということもあり、2級以上を取っていれば就職や転職にアピールできるいい材料ともなるでしょう(実際、保険の代理店などの担当はこの2級以上を多く持っていたりします)

ポイント

FP技能士の資格は、運転免許のように更新が必要ということはありません。更新をしなくても、資格はずっと有効です。

ただし、更新がないということは「勉強を継続する機会がない」ということでもあります。

資格をとることがゴールではなく、実生活や私生活で「継続的にFPの知識を活かしていきたい」という人は次に説明する「AFP」や「CFP」の取得もオススメです。

AFP・CFPは民間資格!持っていればFP資格に+αのメリットがあります

AFP・CFPは民間資格です

「AFP」と「CFP」は日本FP協会が認定する民間資格です。

AFPの正式名称は「Affiliated Financial Planner(アフィリエイテッド ファイナンシャルプランナー)」といいます。資格は、下記の条件を満たすことで取得できます。

  • FP技能検定2級に合格
  • AFP認定研修の受講修了
  • 日本FP協会に登録申請

一方のCFPは、正式名称を「Certified Financial Planner(サーティファイド ファイナンシャルプランナー)」といいます。

サーティファイドは「認定」という意味で、文字どおり「認定されたファイナンシャルプランナー」です。資格は、下記の条件を満たすことで取得できます。

  • AFP資格審査試験の合格(AFP認定者となる)
  • CFP資格審査試験の全6科目の合格
  • CFPエントリー研修の受講・修了
  • 3年以上のFP業務実務経験
  • 日本FP協会に登録申請

AFPの難易度はFP2級、またCFPの難易度はFP1級と同じくらいと考えていいでしょう。

AFP・CFPの特徴は、資格の有効期限があるということです。つまり、資格の更新制度があるので継続して新しい知識を持つことが必須となります

また「日本FP協会が認定する資格」なので、協会がFP業務に関わる最新情報を認定者に提供してくれたりもします。

つまり、この2つの民間資格をもっているFPは「FP2級以上の知識や倫理をかね備えており、FP業務の最新情報も手に入れている人」といえるのです。

2つの資格のイメージ

イメージとしては、「FP技能士がベース(有効期限なし)」で、それにプラスして権威付け・自分のFPの実力向上を図りたい人が、「オプションのAFP・CFPを取得する(有効期限あり)」といったイメージでよいかと思います。

AFP・CFPを取得することで得られる4つのメリットとは

さて、先にチラッとメリットをご紹介しましたが、より具体的にAFP・CFPを取得するメリットをご説明します。

(1)信頼性が高くなる

AFPやCFPはFP2級以上の試験に合格した上で、それぞれ研修の受講などが必要になります。また、資格の更新制度があるので継続して新しい知識を持っていなければいけません。

こういったことから金融機関などで高い評価を得ています。とくにCFPは、独立してFP業務をやっていく上では強いアピール材料となるでしょう。

(2)FPの最新情報が得られる

毎月、最新の経済情報やマーケット情報が豊富に載っているFPジャーナルという会報を送ってもらえるほか、日本FP協会にある会員ホームページの利用ができます。

このホームページでは教育テストの受験や、FP業務に関連する特集記事や法令・制度改正の解説などが掲載されています。

(3)FP同士の人脈づくりができます

FP協会は全国に50の支部があり、会員はそのうちのどれかに加入擦ることになっています。各支部での交流やセミナーへの参加などができたりします。

「スタディ・グループ」というFP協会公認のグループがあり、会員が自主的に勉強する会を開いています。1人で勉強するのではなく、こうした同士と力をあわせて勉強していけることもメリットです。

(4)自分のステータスを上げることや、ライフプラン作成に役立つ

AFP・CFPはFP技能士よりも1歩前にいる存在です。金融機関への就職や転職時に資格を持っていれば「やる気や本気度」などを感じてもらえるでしょう。

また、そういった場面だけでなく、自分自身にもその知識は有意義に使うことができます。いつだって最新の情報を手に入れているので、ライフプランの見直しにも使えるでしょう。

この記事のまとめ

国会資格である「FP技能士」と、民間資格である「AFP・CFP」の違いについてお分かりいただけたでしょうか。

まずはFP技能士を取ることをベースとして、「自分の人生で役立てたい」、「転職・就職時に有利となるようにしたい」、「いつだって最新の金融情報を持ちあわせていたい」などの考えがある人は「AFP・CFP」の資格を取るのが基本的な流れでしょう。

勉強で得た知識は「実際に使ってこそ価値がある」ものです。興味のある人は、ぜひ「AFP・CFP」の資格取得にも挑戦してくださいね♪

管理人は「STUDYing」でFP2級に合格!

管理人は通信講座のSTUDYingを利用してFP2級に合格しました

特徴!

  • スマホで通勤・通学中に勉強できる!
  • ポイントを教えてくれる動画が充実
  • FP3級講座は超低価格の3,980円!

管理人

ちなみに私は市販の問題集やテキストなども併用して勉強を進めました。おすすめの参考書ランキングもあわせてどうぞ。