居宅介護住宅改修費(介護予防住宅改修費)とは

居宅介護住宅改修費(介護予防住宅改修費)とは

目次
居宅介護住宅改修費とは
居宅介護住宅改修費の利用負担について

居宅介護住宅改修費とは

居宅介護住宅改修費とは、現在住んでいる家を、「在宅の要介護者・要支援者がより住みやすくするための小規模な改修」をおこなった場合に支払われる介護保険の制度です。

たとえば、下記のような改修が例となります。

  • 廊下・トイレ・階段・玄関などへの「手すり」の設置
  • 段差をなくすための敷居の改修・スロープの設置
  • スベリ防止のための床材の入れ替え
  • トビラの取り替え・交換
  • 洋式便器への取り替え

上のような改修をおこなった場合に20万円の上限として、費用の7〜9割を支給してもらえます(原則は1回のみ)

つまり利用者は1〜3割の負担となるわけです。

居宅介護住宅改修費の利用負担について

利用者の負担割合は、利用者の状況によって変わります。

  • 1割負担…65歳未満、もしくは65歳以上で一定の所得がない人
  • 2割負担…65歳以上で一定の所得がある人
  • 3割負担…65歳以上で高所得の人

3割負担については、下のホームページが詳しかったのでご参考ください。

参考

介護保険の自己負担は所得に応じて1割から3割までのいずれかです

多摩市公式ホームページ

新しいタブで開く

そのほか、下記のホームページもご参考くださいね。

参考

介護予防住宅改修

WAM NET

新しいタブで開く

参考

居宅介護住宅改修費とは

健康長寿ネット

新しいタブで開く

この記事のまとめ

居宅介護住宅改修費は、実際に工事をする前に自分の住んでいる自治体に申請しなければいけません。

ポイントは「支給額の上限は20万円」であることと、利用者の負担は「年齢や所得によって変わる」ことを抑えておきましょう!

管理人は「STUDYing」でFP2級に合格!

管理人は通信講座のSTUDYingを利用してFP2級に合格しました

特徴!

  • スマホで通勤・通学中に勉強できる!
  • ポイントを教えてくれる動画が充実
  • FP3級講座は超低価格の3,980円!

管理人

ちなみに私は市販の問題集やテキストなども併用して勉強を進めました。おすすめの参考書ランキングもあわせてどうぞ。