【2019年最新版】FP2級の合格率の推移を詳しくまとめました!

FP2級の合格率 まとめ

FP2級の合格率は、FP3級と比べるとかなり低くなります…!

FP3級試験に合格したあとに待つのがFP2級試験です!このページでは、FP試験を運営している2つの団体「きんざい」と「日本FP協会」とで分けて、2018年5月実施分までの試験結果をまとめました。

FP2級は3級と比べると段違いにレベルが上がります(管理人も実体験済)。自分がどちらで受験するべきかを考えるためにも、FP2級試験のそれぞれの合格率を参考にしてみましょう。

目次
FP2級試験の平均合格率一覧
「きんざい」での試験合格率は?
「日本FP協会」での試験合格率は?
FP2級の試験はむずかしいのか?

FP2級試験の平均合格率一覧

さて、まずはFP2級試験全体の合格率です。

この結果は、「きんざい」と「日本FP協会」のホームページ上で発表されている合格率を、独自にまとめたものになります。

FP2級の平均合格率
きんざい学科24%
実技(個人資産相談業務)34%
実技(保険顧客資産相談業務)40%
日本FP協会学科40%
実技56%

FP2級の合格率は、この数字を見る限り「合格がややむずかしい」といえるのではないでしょうか。とりわけ、きんざいの学科については合格率が24%とかなり低くなっています。詳しくみていきましょう!

FP2級試験に合格するには

FP2級試験では60点以上を獲得すると合格できます

まず、FP2級に合格するための基準点ですが、FP3級と基準は変わりません。学科・実技ともに6割以上の点数をとれていれば合格となります。

試験の当日中に正しい答えがホームページ上で発表され、自己採点で大体の合否が分かります。

また仮に学科・実技のどちらかが不合格だったとしても、定められた期間内にもういちど受験すれば、合格したほうの試験は免除されます。

定められた期間については、試験を受けたタイミングによって違いますが、少なくとも翌年度の末までは問題ありません。詳しくは下記のリンクを参照してください。

参考

きんざいの免除制度について

きんざい公式ホームページ

新しいタブで開く

参考

日本FP協会の免除制度について

日本FP協会公式ホームページ

新しいタブで開く

「きんざい」で受けるFP2級試験の合格率について

きんざいの合格率をまとめました

きんざいのFP2級学科試験の合格率

きんざいのFP2級学科試験 平均合格率

管理人

きんざいのFP2級学科試験は、平均「24%」の合格者が出ています!(2013年5月〜2018年9月までの統計)
合格率は低めですね。

ゆり

きんざいのFP2級学科試験は、3割を下回る合格率となっています。

7割の人が合格できていないことから、合格率は低めといえるでしょう。これは日本FP協会の結果と合わせても一番低い数値となっています。

疑問:団体によって合格率が違うのはなぜ?

合格率が低いとお伝えしていますが、試験の質は日本FP協会のものと変わりません。このような数値が出ている理由は、受験者層が日本FP協会とは違うためと考えられます。

きんざいのFP2級実技試験の合格率

きんざいのFP2級実技試験 平均合格率

管理人

きんざいのFP2級実技試験は、2種類あります。個人資産相談業務では、平均の合格率「34%」、一方の保険顧客資産相談業務は、平均「40%」の合格率です。(2013年5月〜2018年9月までの統計)
受験者数は個人資産相談業務のほうが多いようですねー。

ゆり

きんざいのFP2級実技試験は、「保険顧客資産相談業務」のほうがわずかに高い合格率を出す結果となっています。

とはいっても5%ほどしか変わらないので、誤差の範囲ともいえるでしょう。むずかしさとしては同じレベルにありますので、自分にあった問題形式に合わせるといいかと思います。

ひとこと

「個人資産相談業務」と「保険顧客資産相談業務」とで分かれているので、もちろん問題の傾向も変わります。それぞれに合わせた勉強ができるようにしてくださいね。(時間がないのに、出題されないところまで勉強していた…がないように)

「日本FP協会」で受けるFP2級試験の合格率について

FP協会の合格率をまとめました

日本FP協会のFP2級 学科試験の合格率

日本FP協会のFP2級学科試験 平均合格率

管理人

日本FP協会のFP2級学科試験は、平均「40%」の合格者が出ています!(2013年5月〜2018年9月までの統計)
3級試験と比べると、合格率は半分くらいになっちゃうんですか。

ゆり

日本FP協会の2級学科試験の合格率は、半数を下回る結果となっています。半数が落ちているということで、生半可な勉強では合格できません。

きんざいと比べると合格率が15%ほど高いですが、これも受験者層の違いによるものです。勉強範囲や難易度は変わらないので気を引き締めて勉強にとりかかりましょう。

管理人 談

私も日本FP協会で2級試験を受けましたが、とにかく範囲が広く、3級とはまったく別のレベルに思いました。なんとか合格できましたが、「数字」や「保険の範囲」など暗記するべき部分は、くり返しの勉強がとにかく必要です。

日本FP協会のFP2級 実技試験の合格率

日本FP協会のFP2級実技試験 平均合格率

管理人

日本FP協会のFP2級実技試験は、平均「56%」の合格率です。(2013年5月〜2018年9月までの統計)
ほかの試験とくらべると合格率は高めに出てますね!

ゆり

日本FP協会の2級実技試験は、きんざいと比べても、一番合格率の高い56%となっています。半数以上が合格していますが、きんざいの実技試験と違い、問題は全体からまんべんなく出るので、そのぶん勉強する範囲も広がります。

FP2級の試験はむずかしいのか?

FP2級試験は、FP3級試験と比べると明らかに難易度は高くなります。イメージを伝えると、「3級は大体それっぽいものを解答しておけば当たっていたものが、2級では通用しない」といった感じです。

一歩踏み込んだところまで覚えていないと答えられない問題が多いので、勉強範囲がとても広くなります。つまり勉強時間も増えることは間違いなく、3級と同じように考えていると痛い目にあってしまいます。

通信講座を受けている人は、通信講座の講師が言っているポイントをしっかりと覚えましょう。独学で勉強する人は問題集を中心に勉強を進めてみて、わからないところや間違ってしまった問題はくりかえしの復習をしましょう。

あとは過去問を解けるだけ解いてください。過去問を解くとある程度の問題の傾向がわかるようになります(とくに実技)。過去2年くらいの過去問をできるだけ解いておくと自信にもつながるので、ぜひ試してみてくださいね!

この記事のまとめ

さて、FP2級試験の合格率は把握できましたでしょうか。どうしてもこの分野は覚えられないといった範囲は、後ろ回しにしてもよいと思います。

そこは割りきって、むずかしい分野は「短期記憶」でチャレンジしましょう。ただし、試験用に覚えているだけなので、知識を今後に活かしたい場合は、試験後も継続的な勉強をしなければいけません。

なにはともあれ、3級を合格したのであれば2級も一発で合格したいところです。1日に少しずつでも勉強を進めて、合格を勝ち取りましょう♪

管理人は「STUDYing」でFP2級に合格!

管理人は通信講座のSTUDYingを利用してFP2級に合格しました

特徴!

  • スマホで通勤・通学中に勉強できる!
  • ポイントを教えてくれる動画が充実
  • FP3級講座は超低価格の3,980円!

管理人

ちなみに私は市販の問題集やテキストなども併用して勉強を進めました。おすすめの参考書ランキングもあわせてどうぞ。