FP2級・FP3級試験の受験資格は?受験料もまとめて調べました!

FP2級・FP3級試験の難易度とは

FP3級はだれでも受験資格があります!

このページでは、FP試験の受験資格についてお伝えします。後ほど詳しく書きますが、FP3級については誰でも受験することができます。しかし、FP2級以上となると、ある条件が必要になってきます。詳しくみていきましょう!

目次
FP3級の受験資格と受験料
FP2級の受験資格と受験料

FP3級の受験資格と受験料

まず、FP3級の受験資格についてはとくに制限はありません。FP協会・きんざいともに「FP業務に従事している者または従事しようとしている者」とされています。

また年齢制限も無く、たとえば高校生でも試験を受けようと思えば受けられます。

受験料はFP協会ときんざいとで変わりません。学科・実技ともに3,000円で合計6,000円が受験手数料としてかかります。

学科、実技のどちらかが不合格となってしまった場合には、次の試験で「免除制度」が適用され、合格済みの科目は免除されます。

不合格となってしまった科目には再挑戦をするわけですが、その場合、改めて3,000円(実技・学科どちらかの費用)がかかってきます。

FP2級の受験資格と受験料

FP2級の受験資格や受験料も、FP協会・きんざいで違いはありません。受験資格は下記のように定められています。

FP2級の受験資格
日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者AFP認定研修の受講者番号(13ケタ)
3級FP技能検定の合格者3級合格番号
FP業務に関し2年以上の実務経験を有する者勤務先名と経験年数
厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者合格証書(合格を証明するもの)のコピーを添付

上記のどれかの資格をもっていればFP2級試験を受験することができます。基本的には、FP3級に合格した後にFP2級に挑戦する人が多いように思います。

また受験料については、学科が4,200円、それぞれの実技試験が4,500円となっていて、両方とも一緒に受けるのであれば8,700円が必要です。

もちろん2級にも免除制度があるので、どちらかの試験に合格すれば次の試験では学科、もしくは実技試験だけの受験で済みます(免除期間があることに注意)。

この記事のまとめ

3級の受験資格は実質なし、2級の受験資格は3級に受かればその資格をもつとかんがえればいいでしょう。また受験料に関しては、学科・実技の同時受験とすると、3級は6,000円、2級は8,700円が必要となります。高くはありませんが、逆に安いということもないので、できれば一発合格を目指したいところですね♪

管理人は「STUDYing」でFP2級に合格!

管理人は通信講座のSTUDYingを利用してFP2級に合格しました

特徴!

  • スマホで通勤・通学中に勉強できる!
  • ポイントを教えてくれる動画が充実
  • FP3級講座は超低価格の3,980円!

管理人

ちなみに私は市販の問題集やテキストなども併用して勉強を進めました。おすすめの参考書ランキングもあわせてどうぞ。